"実際に物件探しを始める前に、譲れる条件や譲れない条件を明確にしておくことで部屋探しがスムーズに進むハズです。
不動産屋に出向くことで、担当者が貴方の条件を元にして物件を紹介してくれますので、スムーズな物件探しをすることが出来るのです。
何もかも好条件で理想を挙げればキリが無くなり、 なかなかイメージした物件に巡り合うことが出来ません。
あまりにも条件ばかりに気を取られてしまうと、家賃はどんどんと割高になっていきますので、妥協できる条件はしっかりと決めておきましょう。

 

あまりに物件の条件にこだわり過ぎてしまうと、 その条件にマッチする物件数が少なくなってしまいます。
例えばお風呂とトイレは別々という条件を変更して、ユニットに妥協することで、かなりの数の物件数に広がります。"



予め賃貸の条件を決めておきましょうブログ:20221126

よく「晩遅く食べると太る」と言われていますが、
それは自律神経に関係しているみたいですね。

そもそも自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、
呼吸器や循環器、消化器などに大きく関わっていますが、
晩に太りやすい理由は、この副交感神経の特徴にあるようです。

まず、主に11時間に働くのが交感神経です。
交感神経の影響で、
11時はエネルギー消費されやすく、胃の働きや消化が活発になります。

一方、晩は副交感神経が働いて、
腸が栄養を吸収して脂肪として蓄えようとします。

この副交感神経の関係で、
夕食の食べ過ぎや、
食べる事の後2時間たたないうちに寝てしまったりすると
太りやすくなるんです。

そうはいっても、さまざまな事情で
夕食が遅くなることもありますよね。

そんなときは夕食前に「間食」をとり、
夕食は野菜中心の低カロリーなものにしてみましょう。

夕食までの時間が長いと、
我慢することによりドカ食いしてしまう危険性がありますが、
間食をとっておくことで暴飲暴食を防ぐことが出来ます。

間食には高カロリーのおかしではなく、
脂質が少なくて、お腹が満足しやすいものにしましょう。

おにぎりやをフルーツはじめ、
ヨーグルト・野菜スープ・低カロリーのこんにゃく製品などは、
手軽に食べられて満腹感が得られるのでおすすめです。

賢く間食を利用して、
体にやさしい夕食を心掛けてみてくださいね。

そして、
シェイプアップのためにも、
食べる事は就寝2時間前には済ませるように心がけましょう。